乳酸菌イメージ

おなかの調子を改善する乳酸菌

もともと子供の頃から、便秘に悩まされてきました。
特に、高校生くらいからはホルモンの影響もあり、便秘になるとしつこく、便秘薬に頼ることも多くありました。
とてもつらく、食べることが好きなのに食べることが億劫になるほど…。
そうするとよけいにひどくなってしまってました。
それが、ヨーグルトを毎朝食べるようになり、しだいに改善されていきました。
そうすると、お腹もサイクルもできるようになり、便秘薬に頼ることもなくなりました。
お腹がすっきりとするので、もりもりと食事がとれるようになり、肌のトラブルもなくなり、体重管理も楽になりました。
ヨーグルトに含まれる乳酸菌には、すごい力を持っていることを感じました。
それ以来、毎朝、ヨーグルトなどをかかさず食べています。
実は、ヨーグルトや乳酸菌飲料のほかに、みそやぬか漬け、納豆などの発酵食品もプロバイオテクス食品とされています。
プロバイオテクスとは、「人体に良い影響を与える微生物。またそれらを含む製品、食品のこと」を指します。
最近では、腸内環境を整えるだけではなく、免疫力強化、花粉症予防、アレルギー症状改善、肌荒れの改善など、さまざまな効果があることも示されています。
現在、流行しているインフルエンザの予防にも注目されています。
人間の腸の中には、約100兆個の腸内細菌が存在して、その種類は数百種類以上になります。
その中でも人に有益な働きをするものは「善玉菌」、その反対に人に悪さをする菌は「悪玉菌」、この2つの日和見的な作用をする「中間菌」というものがあります。
健康的な腸内環境を保つためには、日常的に乳酸菌やビフィズス菌などの善玉菌を摂取し、腸内細菌のバランスを整える必要があります。
いろんな効能の乳酸菌があるので、自分にあった菌の入っている食品を選び、とることで効果があるようです。
私は、BB536株という菌が合いました。
その菌は、生きたまま腸に届き、消化活動を活発にして、便秘の改善や免疫力の向上もしてくれるのです。
また花粉症の症状の緩和にも効果があるということで、私にはうってつけでした。
このように自分に合うものをとることで、つらい便秘も改善され、薬に頼ることもなくなりました。
ゆううつだった毎日が気にせずに、食事をとり過ごせるようになり、悩んでいた頃が嘘のようです。
自分に合う乳酸菌を見つけて、気になる症状にあったものを食生活に取り入れて、健康づくりをすることをおすすめします。

Copyright(C) 2013 腸内環境改善.com All Rights Reserved.